亀頭包皮炎の治療

ロテュリミンAFはカンジダ性亀頭包皮炎を自宅で治療できる市販薬

亀頭包皮炎の治療は根気強く続けましょう

性交渉やオーラルセックス、自慰行為などによって亀頭や包皮が傷つき、そこから細菌や真菌に感染してしまった状態を亀頭包皮炎といいます。

亀頭包皮炎は亀頭や包皮に発赤が出たり、痛みやかゆみ、ただれといった症状が出ますので、素人目にも分かりやすい感染症だといえます。

ただし、細菌性の場合と真菌性の場合では、治療に使われる薬の種類が異なりますから、その点は注意が必要といえそうです。ですから、安易な自己判断で市販薬を使うのは避けたいところです。

亀頭包皮炎は皮膚科もしくは泌尿器科、性病科などで治療を受けることができます。皮膚関連の疾患の場合はどれにでも共通して言えることですが、治療期間は決して短くはありませんから、何科へ行くにしても通いやすい所を選択するのが良さそうです。

亀頭包皮炎の治療は細菌性でも真菌性でも塗り薬がメインとなり、状態や度合によって飲み薬を合わせて服用することもあります。その点は医師の指示に従って下さい。

亀頭包皮炎は細菌性にしろ真菌性にしろ、どちらも原因となる菌があるものですので、症状が改善されたからといって途中で勝手に薬をやめてしまうと、せっかく減った菌が再び増殖してしまう可能性があります。

そうするとせっかく治りかけていたものが再度悪化し、治療がまた1からの出直しになってしまうということにもなりかねませんので、治療は医師が良いというまで根気強く続けるようにして下さい。

コラム
HOMEへ戻る