亀頭包皮炎の治し方

ロテュリミンAFはカンジダ性亀頭包皮炎を自宅で治療できる市販薬

亀頭包皮炎の正しい治し方

なるべくであれば病院へ行かずに治したいと思うのがいんきんたむしだったりカンジダだったり亀頭包皮炎だったりではないでしょうか。これらのどれもが性器周辺という発症場所が場所なだけに人には知られたくないですし、病院へ行かなくて済むのなら病院へ行かずに済ませたいものですよね。

どれも市販薬で治療することが可能な感染症ですが、市販薬を使用する時に特に注意が必要なのが亀頭包皮炎です。亀頭包皮炎かもしれないと思われる方、安易に市販薬に手を出さないように気を付けて下さいね。

亀頭包皮炎は細菌性とカンジダ性の2つに大きく分けることができ、それぞれで治療に使う薬が異なります。亀頭包皮炎かもしれないと思われる場合は、市販薬ではなく勇気を出して皮膚科か泌尿器科を受診するようにして下さい。

亀頭包皮炎の治し方自体には何も難しいことはありません。細菌性でもカンジダ性でも治療のメインとなるのは塗り薬ですから、単純に医師の指示通りに塗ればオッケーです。症状の度合や状況によっては、塗り薬と併用で飲み薬を用いる場合もありますから、その判断は医師にゆだねるようにしましょう。

このように亀頭包皮炎の治し方はごくごく簡単なものですが、皮膚関係の疾患の場合、完治するまで根気強く薬を使い続けるという鉄則がありますので、それだけはくれぐれも守るようにしましょう。自己判断で薬の使用を中止してしまうと、せっかく治りかけていてもまたぶり返してしまう恐れがありますから注意して下さい。

コラム
HOMEへ戻る