亀頭包皮炎の薬

ロテュリミンAFはカンジダ性亀頭包皮炎を自宅で治療できる市販薬

亀頭包皮炎の治療は塗り薬がメインです

男性の方で最近、なんだか亀頭や包皮が妙に赤くなっていたり、かゆみや痛みがあったりして気になっているという方いませんか?もしかしたらそれは亀頭包皮炎かもしれませんので、一度病院へ行ってみることをおすすめします。

亀頭包皮炎は性交渉や自慰行為などを行った際に、亀頭や包皮に小さな傷ができ、そこから細菌や真菌が感染することで引き起こされる感染症です。

主な症状は前述の通り、亀頭や包皮の発赤、かゆみ、痛み、ただれなどがありますが、きちんと治療を受けさえすれば完治させることができます。

亀頭包皮炎は細菌性とカンジダ性の2種類に大きく分けることができますが、このどちらの場合であっても治療にメインで使われるのは塗り薬になりあます。細菌性の亀頭包皮炎であれば抗生物質の入った塗り薬がメインになり、状況によっては抗生物質の飲み薬も併用することがあります。

カンジダ性の亀頭包皮炎の場合であれば抗真菌剤の入った塗り薬がメインになり、状況によっては抗真菌剤の飲み薬を併用する場合があります。

どちらの場合でもメインで使われるのは塗り薬になりますが、成分が全然違うものですので、安易な自己判断で市販薬を使用するのだけは避けたいところです。安易な自己判断で市販薬を使用すると症状を悪化させてしまうことがありますから、疑わしい時はまず病院へ行って診察を受け、適切な薬を処方してもらうようにしましょう。

コラム
HOMEへ戻る