ロテュリミン

ロテュリミンAFはカンジダ性亀頭包皮炎を自宅で治療できる市販薬

カンジダ性亀頭包皮炎には専用薬ロテュリミン

カンジタ性亀頭包皮炎にかかってしまうと、陰部がかゆくてかゆくて仕方がなくなって、入浴時などにゴシゴシと念入りに石鹸で洗ってしまう方も多いかと思います。

しかしながら、カンジタの治療においては、石鹸を使うことは悪化に繋がりこそすれ、症状が良くなることはありません。

だからこそ、患部は水洗いで清潔にした上で、専用薬の【 ロテュリミン 】で治療するのがベストです。

場所が場所ですし、悪化して病院に行くのも恥ずかしいという方は多いでしょう。病院には行きたくないばかりに、いつもより念入りに洗ってしまい、悪化をさせてしまうケースも非常に多いのです。

病院に行かずに済ますためには専用のお薬を使うのが一番早く、もちろん症状を悪化させる心配もありません。最近では、インターネット通販で専用のお薬を購入すれば、病院に行く必要はなく、自宅で誰にも知られずに下半身のお悩みとおさらばすることが可能となっています。

カンジダ性亀頭包皮炎は再発を繰り返すという特徴もあります。カンジタ専用のお薬を正しく使うことで、一度の治療で確実に完治させることができるのです。

カンジダ性亀頭包皮炎でやってはいけないこと

カンジタ性亀頭包皮炎にかかったら、石鹸を使ってはいけません。

カンジタ菌は真菌という種類の菌でカビの一種です。石鹸を使うことでバイ菌を洗い流すことはできるのですが、残念ながら真菌を洗い流すことはできません。したがって、石鹸を使ってしまうとあなたの陰部はカンジタ菌の独壇場となってしまい、症状が悪化してしまう恐れがあるのです。

また、かゆみ止めクリームが効いたからと言って治療を止めてはいけません。

激しいかゆみが特徴のカンジダ性亀頭包皮炎ですから、症状があらわれると手近な軟膏で処置をしてしまうという方がいます。中には、かゆみ止めの効果に優れていたり、真菌に対する殺菌効果がある軟膏もありますから、症状がすっかり治まったように見えるかもしれません。

しかし、カンジタ菌のような真菌はしつこく、皮膚に根付いた菌が残っていればたちまち再発してしまいます。家にあった薬で良くなったから治療を止めてしまい、再発を繰り返すというケースも多いのです。

カンジタ性亀頭包皮炎は、専用のお薬をしっかり使って、一度で確実に完治させるべきなのです。

カンジタの症状かどうかしっかり確認

陰部に異常があるからといって、それがカンジタ性の炎症かどうかは経験者でないとなかなかわからないものです。カンジダ性亀頭包皮炎は専用薬で確実に治すことができますが、それはカンジタであればという話しです。

自宅で治そうと思うのであれば、【かゆみ】【白いカスが出る】【ペニスが赤くなる】など、カンジタの症状としっかり照らし合わせて確認することが大事です。

また、男性のカンジタは包茎の方が患いやすいという特徴があります。包茎の方は亀頭部分が蒸れやすく、カンジタ菌が根付きやすいのです。

性行為が発症の引き金になることは多いのですが、カンジタ菌自体は誰もが普通に保有している常在菌の一つですから、症状が表れたとしても性病ではありません。また、性行為なしでも発症することはあります。

カンジタ菌が付け込む小さな傷がある、(包茎や不潔な下着の着用等で)蒸れやすくカンジタ菌が成長しやすい、抵抗力が落ちている、などが原因でカンジダ性亀頭包皮炎は発症します。

誰もが発症する可能性があり、適切に処置しなければ再発を繰り返すカンジダ性亀頭包皮炎ですから、原因・症状をしっかり確認した上で、専用薬ロテュリミンでしっかり治療しましょう。

コラム
HOMEへ戻る